多面的なアーティスト クレシア・ムラレは CooKoom の創設者

クレシアは多面的なアーティストで、スペイン人の造形美術科を母に、フランス人の音楽家を父に持つ。子供の頃から常にクリエイティブな世界に囲まれて育ち、その作品は純真さと繊細さの間にあるアートを探究する。

ヴァランスのボザールとストラスブール国立装飾美術学校で学んだあと、英国でCOOKOOMの創設に着手し、同国で初の展示を行う。
フランスに戻ってからはグラフィックデザインを専門とし、広告代理店に入り、15年間にわたり芸術監督として活躍する。ラグジュアリーデザインやスポーツ、ファッションの世界で、ノウハウと専門技術を高め、身につけていく。それと同時に、セバスティアン・モンタス=ロゼなどのクリエーターのもとで経験を積み、自身の写真と旅行への情熱が現れているTAMALOTRIPに寄り道をして一時中断する。

クレシアが38歳のときに、より私的な実践に目覚め、自身の初恋でもあるCooKoomに戻ってくる。精神性や愛などのテーマを通して自分の感情を表現し、それを私たちと分かち合う。コンピューターを投げ捨てて、森や大地、筆やブラシに話させていく...
「目にする人に輝きや影の部分を奥深く探らせることで、自分自身の道を思い切って従えるように、私たちが持つ真の人間性に戻りたいのです」
こう語るクレシアは、強い感情を放つ優しさと強さの間にある世界を描くことを大いなる楽しみとしている。ニキ・ド・サンファルの「ナナ」シリーズだけでなく、奈良美智の子供達からも影響を受けている。

それ以来、「CooKoom・瞑想」などの作品は芸術の世界を駈け巡っている。CooKoomは、夢幻的な世界である上に、大人として対峙する私たちの中にある子供の部分とつながるメッセージでもある。

ありがとうございます

Clécia Mouraret
Tél. +33 (0)6 95 72 81 32
cleciamouraretcleciaatyahoo.fr